上達方法

初心者がサーフィンを楽しむためのルールとマナーを紹介

今回は、サーフィンを楽しむ上で守らないといけないルールとマナーについて解説していきたいと思います。

海の中には標識はないですが、共通のルールがあります。
それらは、皆が気持ちよくサーフィンを楽しむために自然と生まれてきたものです。

挨拶をしたり、ごみは持ち帰る、駐車場のマナ―など、
どれも、難しいことはないので、当たり前に出来るようしっかりと覚えて置きましょう!

安全にサーフィンをする為にも必要なことになりますので理解して、
事故も起きないようにしましょう!

サーフィンを楽しむルールとマナー!

サーフィンの中でも、万国共通のルールがありますので、それを紹介していきたいと思います。しっかり学んで、楽しいサーフィンをしましょう!

1.海に入ったら挨拶をしましょう!

海の上での雰囲気は、サーフィンの楽しさを左右する大きな問題になります。
和やかなムードを作るには、やっぱり挨拶から始まるものですので、
積極的に挨拶をして、楽しいサーフィンにしましょう。

2.ボードをむやみに投げない

波の勢いに押されて、ボードが飛んでいってしまうことがあります。
その時のボードは、凶器になりかなません。

自分に当たらないようにすることはもちろんですが、他人に接触してケガをさせてしまう
こともあるので、ボードは、出来る限り、手放さないようにしましょう。

3.前乗りをしない

誰でも聞いたことがあると思う前乗りは禁止!!前乗りとは、波のピークにいるサーファーに波に乗る優先権があるのに、その手前の方から乗ってしまう事。

この前乗りは、危険な行為にもなりますので、パドリングを始める前に、
周りを確認して波に乗るようにしよう!

4.駐車マナーを守る事

サーフポイントには、駐車場が多くない場合があります。海岸にむやみやたらと駐車してしまうと、地元の方に迷惑をかけますので、地元のサーファーに確認するようにしましょう。

まずは、基本的な、ルールとマナーを紹介しました。分からないことがあれば、
素直にローカルサーファーに聞けば、やさしく教えてくれると思いますので、
きちんとルールとマナーを守るようにしましょう!

初心者が海のコンディションを見極める方法

サーフィンは、とてもハードな運動で、海は、いつでも危険な状態に変化しやすい状況にあります。
そんな中、初心者が海のコンディションを見極めるには、どこを見ればよいのか?
を解説します。
波は、風、潮の満ち引き、海底の地形などなどいろんな条件が揃ってこそ出来上がる現象です。

その中でも初心者が海を見る時は、風の方向を見ることが重要になります。

オフショア・・陸から海に向かって吹く風の事。
オフショアが吹くと海面が整い、波がきれいにシェイプされる
ため、サーフィンをするには、いい風になる。

オンショア・・海から陸に向かって吹く風の事。
オンショアが吹くと海面が荒れてしまい波がつぶされてしまい、
サーフィンに向かない風となる。

無風・・文字通り風が吹いていない状況
風の影響は受けないが、うねりが小さくなり、
波の小さくなることになる。

風の中でもオンショアとオフショアと無風の3種類が
あるという事が分かったと思います。

サーフィンに適している風は、オフショアになりますので、
その風をゲットしてください。

そして、風の方向を見て今の状態を確認し、海に入れば、
最高の状態で波に乗ることが出来ます!!

まとめ

今回は、サーフィン初心者のルールとマナー、海のコンディションの
見方に付いて書いてみました。

ルールとマナーについては、前乗りをしないことに一番気を遣えば、
あとの事は、しっかりと挨拶、駐車マナーを守ろうという事で、
基本的なマナーを守っていれば、他のサーファーから文句も言われることもなく、
楽しくサーフィンをすることが出来ます。

逆に言えば、このルール―とマナーを守れないならば、サーファーとして失格になってしまいますので、最低限のマナーは大切にしてもらいたいと思います。

又、海のコンディションを見る方法は、風の方向が重要になります。
風は、比較的に午前中が穏やかで、午後に吹き荒れる傾向にあります。

その為にサーファーは早起きをして波が風に押しつぶされる前の、
いい波を狙っています。そのいい波をゲットするためにも、健康の為にも、
早起きもいいかもしれませんね!

楽しいサーフィンライフを!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です