練習方法

サーフィン初心者の波待ちのコツとターンの仕方を解説

今回は、波待ちのコツとターンの仕方について解説していきます。
初めてパドリングをして沖に出て、次にすることは、いい波が来るのを待つこと。

このいい波を待つ、ただ待つことですが、最初は、ボードが安定してくれず、
この待つこと自体、難しい動作になってしまいます。

その待ってる間にも、小さい波や、大きい波が次々と押し寄せてきます。
そんな時の波待ちの仕方をマスターすれば、怖がらず波を待つことが出来るようになります。

又、 初心者からちょっと抜け出しそうになれば、波の上でターンをして、長い距離、
走り続けたいな~と思ってくるので、長く波に乗れるターンの仕方も紹介したいと思います。

初心者が心がける波待ちのポイント

沖について、次にすることは、波を待つこと!この動作も最初はとても難しいです。
意識しても意外と難しいので、その波待ちのポイントを解説します。

1.安定させるために又に軸を置く

波待ちをする時、ボードが波や風に揺られて全然安定してくれないので、
股にボードを挟んで、ボードがまっすぐなる位置に軸を置くことを意識しましょう。

この、軸を基本にしなければ、ボードが反りすぎて沈んでしまったり、前すぎると、
ボードが、股からすり抜けたりして、うまく波待ちが出来ません。

だから、体とボードとの軸が大切になります。

2.方向転換の時はボードの後ろに移動する

次に波待ちをして、いい波を見つけたら、その方向に向かわなければいけません。
そんな時の方向転換の仕方は、ボードの後ろに座るとノーズが上がり、
接水面積が減り、小回りが利くので方向転換が簡単に出来るようになります。

フィンの前辺りまでお尻を下げれば、スムーズにノーズが上がってくれます。
その時、お尻と太ももをしっかり押し込み、手を引きつけるとともに、ふくらはぎで
ボードを締める。

この様にして、デッキとボトムをロックするとさらに安定して、
方向転換をすることが出来ます。

3.波待ちの時の足は、犬かきをする

波待ちをしている時の足は、犬かきをする。波待ちをしている間も、潮の流れや、風で、
その場所に佇むことも難しく、すぐにどこかに流されてしまいます。

そうならない為にも、波待ちをしている時でも、足は、犬かきをしてその場所をキープすることが必要になります。

又、足を左に回すとボードは右に回り、足を右に回せばボードは、左に回ります。
これは、海で試してもらえれば分かりやすいので、やってみてください!

せい君
せい君
波待ちはボードが安定しないよね~?
ドル君
ドル君
股に軸をしっかり置けば安定するよ!

 

初心者が波を乗りこなすターンの秘訣

初心者から少し抜け出して、テイクオフをして波の上に立てるようになったら、次にやりたいことは、波の上でターンをして、もっと長い距離を乗りたいと思うようになります。
そんなターンのやり方を紹介します。

今回は方向を変えながら加速する「ドライブターン」にスポットを当てたいと思います。

波の上で方向転換をするターンは、常に変化する波のブレイクに対応したスピードをつける
アクションになります。

ターンをするには、まっすぐ波を滑る時と違い、波の斜面にボードのレールを立てるようにして、ボードが傾いた状態を作る。

そして、その状態とともに、ひねりを使います。この2つの動作を合わせることで、ボードは、向きを変えながら、波の上を走っていくことが出来ます。

波パワーをより有効的にスピードへ繋ぎ合わせるのに必要なのがドライブターン!ライディングのスピードをキープしたまま、スピードをつけてターンをするので、
アクセルとなる前方に重心をかけた状態で、つま先とかかとをうまく使ってひねります。
下半身とボードのレールをうまく使うことが重要になります。

この様にボードには常にスピードがないと上手に波に乗ることが出来ません。

長い距離を乗るには、このドライブターンをマスターして、より自由なライディングを
楽しみましょう!

 

まとめ

今回は、サーフィン初心者の波待ちのコツとターンの仕方を解説しました。
波待ちは、サーフィンの基本として一番重要な動作になります。

体とボードの軸を意識しながら、方向転換をする時は、ボードの後ろに軸をずらせば、
スムーズに方向転換ができて、波にも乗りやすくなります。

ボードの下での足も回転方向によって進む方向が変わるので、
ぜひ、海で試してもらいたいと思います。

又、ターンの仕方も、下半身を柔らかく使いながら、ひねりを入れれば、波のパワーで、
簡単にターンが出来ます。ドライブターンは、スピードをつける事が目的になっているので、波を長い距離乗ることが出来るようになります。

波の斜面にボードのレールを立てることも意識して頭の中に入れ込んでおくと、
上手にドライブターンが出来ますよ!

この2つをマスターすれば、より自由なサーフィンが出来るようになって、
楽しみが限りなく広がります。

どんどん上達して、楽しいサーフィンライフを送りましょう!!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です