トピック

加藤浩次「有限会社加藤タクシー」設立!年収や資本金は?Wikiも

こんにちは!

加藤浩次さんが個人事務所の「有限会社加藤タクシー」を設立しました。

その理由などを

加藤浩次「有限会社加藤タクシー」設立!年収や資本金は?Wikiも

と題してまとめてみました。

加藤浩次さんが「有限会社加藤タクシー」設立その理由は!

加藤浩次さんが個人事務所の「有限会社加藤タクシー」を設立した理由について
調べてみたいと思います。

まず吉本興行を辞めるきっかけなったのが、

闇営業問題で「スッキリ!」に出演した際、吉本を辞めると発言したのが
きっかけになり、

吉本興行とはエージェント契約を結ぶことになりました。

 

 

なぜ「有限会社加藤タクシー」という名前にしたのかというと

加藤浩次さんの義父がタクシーの運転手だったので

この名前にしたという可能性が高いようです。

義父の

深野正一さんは加藤浩次さんの成人後に母親と再婚した方になります。

https://twitter.com/fusaji_low/status/981137313227943936?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E981137313227943936&ref_url=http%3A%2F%2Fumaezougui.com%2Fkatokouji-katotaxi%2F

 

「有限会社加藤タクシー」の代表者やWikipediaは?資本金も!

 

「有限会社加藤タクシー」の代表者は、加藤浩次さんの奥様である

カオリさんが務める様になりました。

 

 

加藤浩次さんのWikipediaの所属会社はまだ吉本興行のままになっています。

また、Wikipediaには

2019年10月1日より、吉本興業 を離れ、有限会社加藤タクシー として吉本興業とエージェント契約を締結したと記載されています。

実際は、現在有限会社を設立することは不可能なので

前から設立されていたことになります。

その結果

18年も前から「有限会社加藤タクシー」は設立されていました!

 

 

現在、先程も書いた通り、有限会社の設立はできませんので

当時の有限会社設立の基準を確認したいと思います!

有限会社(特例有限会社)とは

有限会社(特例有限会社)は、設立時の資本金が300万円以上となっています。

2006年の新会社法施行以前は、社員数は50名以下とされていましたが、現在は人数に制限はありません。

必要な役員数は取締役1名であり、任期に期限がなく、決算の公告の義務もありません。有限会社は、家族経営や個人事業など、中小規模の事業を展開するのに適しています。

となっていますので、資本金は300万円(予想)だと推測されます!

 

この投稿をInstagramで見る

 

松井秀喜’sさん(@pick_up_hideki)がシェアした投稿

加藤浩次さんの年収は?

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

石坪 侑也さん(@yuuyaisitubo)がシェアした投稿

加藤浩次さんの年収を調べてみました!

スッキリ!のレギュラー番組で計算してみました。

レギュラー番組の1本あたりの出演料が100万円とすると、単純に1週間に5日出るので

100万円÷5=1日20万円

1ヵ月22日出演として、20万円×22=440万円

440万円×12=『スッキリ!』だけで1年間で5280万円

他のレギュラー等々含めると

加藤浩次さんの年収・収入は推定3億2280万円と思われます!

 

 

 

まとめ

今回は

加藤浩次「有限会社加藤タクシー」設立!年収や資本金は?Wikiも!

と題してまとめてみました!

加藤浩次さんの潔い行動に、素晴らしい人だなと改めて感じました!

有言実行、自分も見習いたいと思います。

最後までご視聴ありがとうございました!

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です