トピック

日産前会長カルロスゴーン被告不正金額の合計は?西川社長は辞任!

こんにちは。

今回は日産自動車で起きた報酬不正に関することを

まとめてみました。

日産前会長カルロスゴーン被告不正金額の合計は?西川社長の関与は?

 

日産自動車は9日夜、前会長カルロス・ゴーン被告らによる
報酬不正に関する社内調査結果を公表されました。

一連の不正の規模は全体で約350億円に上り、
同社はゴーン被告と前代表取締役のグレッグ・ケリー被告に対して損害賠償請求などの法的措置を取る。

一方で、西川広人社長の不正関与はなかったとしています。

このうち「ストック・アプリシエーション・ライト(SAR)」と呼ばれる株価連動型の役員報酬制度の不正については、
ケリー被告らの偽装工作により、当時副社長だった西川氏の報酬が約4700万円不正に増額されていたと認定。

さらに元取締役2人と現・元執行役員4人にも同様の方法で不正に報酬が支払われていた。

ただ社内調査は、西川氏らについて、不正な手法で増額されたことを知らなかったなどとして、「不正行為に関与したとみる余地はない」と判断しているようです。

責任は追及しない方針を示したようです。

とてつもなく大きな金額で世間の皆さんもびっくりされています。

SNSの反応は?

 

 

 

 

まとめ

今回は日産で起きた不正事件について

まとめてみました。

このような大きな金額を組織ぐるみで動かしているなんて
よくできるものだと思います。

しっかりした人生を送りましょう!!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です