テレビ

「奪い愛、夏」の第7話ネタバレと田中みな実がエロヤバイ!感想も!

こんにちは!

今回は第7話が放送されて話題になっている

田中みな実さんと小池鉄平さんのラブシーンや怪演を

「奪い愛、夏」の第7話ネタバレと田中みな実がエロヤバイ!感想も!

と題してまとめてみました!

本作は、主演の水野をはじめ小池徹平、松本まりから“豪華怪演陣”が集結し、危険な愛のトライアングルに挑む、クレイジー“狂愛”ドラマとなっており

話題の作品になっています!

「奪い愛、夏」の第7話ネタバレと田中みな実がエロヤバイ!

https://twitter.com/nnw1MxueArogTaR/status/1175053279320870918

 

第6話のあらすじですが

花園桜(水野美紀)の頭の中に腫瘍があり、

このままだと残り少ない人生だとしてしまった空野杏(松本まりか)が
桐山椿(小池徹平)よりも花園桜の事が好きだったことに気づきました!

空野杏を奪われる立場になってしまった桐山は、どうなってしまうのか
という展開でした。

第7話は

桜と杏は気持ちが通じ合うが椿は納得ができず、込み上がる怒りが頂点に達し、
暴走が加速してしまう。

そんな傷心の椿の前に現れたのが田中演じる井川。「私、椿さんのことずっと好きだったんです」と告白する展開に!

今まで椿を陥れた数々の行動は、好意の裏返しだったと告げ、杏の代わりに抱いてほしいと頼み込む。

椿と肉体関係を持った井川は「杏さんの大切なものを奪えば、椿さんの気持ちに気づくかも」と、桜の殺害を提案する。

椿は井川と共謀し、桜が入院する病室に忍び込み、ナイフで刺そうと近づく――という急展開となった。

 

この投稿をInstagramで見る

 

女子アナ好き男♥さん(@ana0kun)がシェアした投稿

色仕掛けで椿に接近し、キスやホテルでの大胆な行動で誘惑する井川。

そして桜殺害を提案するという狂気を持ったキャラクターを、田中は体を張った演技で怪演してみせた。

「怖すぎ」「そこまでする…!?」「斜め上の行動すぎて何も予測できない」と恐怖に震える視聴者が続出。色気たっぷりな田中の姿にも「みなみちゃんのベッドシーンはセクシーすぎた」「怖いけど美しくてエロくて釘付け」「眼福」と絶賛の声があがった。

 

感想は!

小池徹平さんが狂いまくっていてとても衝撃的でしたね。

そうかと思えば、水野美紀さんが普通になっていて、

小手伸也との演技は最高でした!

そして田中みな実さんの怪演技も体を張っていてとてもセクシーでした!

来週は最終回になっていますが

三浦翔平さんが登場して

また一波乱ありそうですね!

https://twitter.com/__mkysk__/status/1175085643598163969

 

まとめ

今回は

「奪い愛、夏」の第7話ネタバレと田中みな実がエロヤバイ!感想も!

と題してまとめてみました!

田中みな実さんの演技も体を張っていて素晴らしかったですね!

もう最終回が迫って来ていますので

ドキドキしながら待っていたいと思います!

ありがとうございました!

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です